FC2ブログ

雪の久住山

登頂時期   2014年01月19日 曇り晴れ  

登頂場所   久住山1786.9m (大分県)

コ ー ス   牧ノ戸登山口→沓掛山→扇ヶ鼻分岐→西千里ヶ浜→ 久住分かれ

         避難小屋→久住分かれ→久住山山頂→往路を戻る
 

雪の久住山には登った事が無かったので、不安もありましたが、

思い切って参加しました。

リーダさんが「昨日のニュースで1500m以上の山は-9度の寒気圧が

流れる。と云っていたので寒いかもしれませんが、頑張って登りましょう。」

と言われ冷や汗が出ました。

バスも高速を降りた所で、タイヤにチエーンを装着されました。

長者原からの九重連山はガスの中です。


0119071


牧ノ戸峠コースを登ります。

全員アイゼンを付けて出発です。


0119542


時々チラリと陽が射しますが、何処を歩いているのかさえ分からない位、

ガスが濃く視界は有りません。


0119083


登山道で可愛い霧氷で覆われた木に合いました。


01191020 


足元の積雪はと云うと、深からず浅からずで、アイゼン歩行には

丁度良い状態で歩きやすかったです。

久住分かれ避難小屋に着くころも此の状態で、目の前にいつもは

見える筈の、久住山も見えません。

窪地に降りたら地面はカチカチに凍っていました。


0119125


此処で休憩をしていたらガスが切れ始め、皆大騒動で切れ目から

顔を出した久住山をカメラに納めていました。


0119166


久住分かれ(久住山・中岳・北千里ヶ浜ノ分岐)に着くころには、

雲一つない青空になりました

此れが山の天気なのだ。奇跡だぁ・・・!!

久住分かれからの久住山です。

くたみ分久住山7 


左に迂回しながら歩き

岩ゴロゴロの、久住山山頂に着きました。


0119259


最高の展望です。

北東の方から東にかけてに三俣山・天狗が城


三俣山・天狗が城10


左から天狗が城・九重最高峰の中岳・白口岳後に大船山・

白口岳の並びに右側に稲星山(写真には有りません)と続きます。


・中岳・大船・白口11


南西の辺りには、阿蘇五岳が雲海の中に見え隠れしていました。


阿蘇五岳12


風も無くポカポカなので此処で昼食となりました。

名残り惜しいのですが、下山開始です。

久住分かれ避難小屋


01193913


星生崎

星生崎21



星生山の北側を通ります。


01194315


星生山の溶岩群と霧氷です。


01194416


西千里ヶ浜へ進みます。


01194517


沓掛山を通り展望台のある東屋を通り過ぎ、霧氷のトンネルを潜り


01194918


牧ノ戸登山口に着きました。


01195319


昼食も含め約5時間の行程でした。

登山日迄は、雪の深さや、風の強さを心配しましたが今回は、

お天気に感謝の登山でした。
 

 
  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
スポンサーサイト



テーマ : 中高年の登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング