FC2ブログ

カラ迫岳(ふくおか無名山)

登頂時期   2011年08月11日

登頂場所   カラ迫岳1006m(福岡県八女市)

コース     山口登山口(おずめ登山口)→金鉱跡→幻の滝→山頂。下山道分岐

         →カラ迫岳山頂→山口登山口下山道→山口登山口    
         


「国境石点在する歴史の山」と「ふくおか無名山」の新聞連載の№1に記載され

登山者が 増え、地元での「山開き」等も行われています。


この時期「登山口付近」に 「オオキツネノカミソリ」が咲くので、

登山方々観に行こうと云う事で八女市星野へ向かいました。



山口登山口(おずめ登山口)から登山開始です。


0812101 


登り始めてすぐ「オオキツネノカミソリ群」に出逢いました。


オオキツネノカミソリ3 


登山道の両脇にかなりの数咲いていました。
(オオキツネノカミソリの花は此処だけです。)

暫く観賞して「カラ迫岳」へ向かい出発しました。


0812482 


指導票がちゃんと有り迷う事はありませんが、最初から急登です。



0812154



「金鉱跡」まで来ました。

足を止めて中を覗いて来ました。



金鉱跡6



「幻の滝」の指導標よりロープが張られている、滝の近くまで下りました。



幻の滝の案内7



この滝は水量が多い時だけ表れる滝で、この日も水量が少なく写真には、うまく

出ていませんが、左側木々の間から細長くかなり上から水が流れているのが、

見えました。 
 


幻の滝8



登山道へ戻り先へ進みます。

「カラ迫岳山頂。山口集落の分岐」まで来ました。



山頂分岐9



指導票の下に「国境石」と書かれていますが「江戸時代」の「天領日田と旧久留米藩の

国境石」の事で此の山が「境界」にある事を表しているとの事でした。



08122710



「登山道と下山道」の分岐に来ました。

此の辺りから、花が目立ち始め山道に色を添えてくれ、流れる汗も、

気にならなくなりました。

「クサアジサイ。ママコナ。実着きのナルコユリ。ヌスビトハギ。」等



下山道11



大きな岩が右側に表れました。

岩の上に登って眺望を楽しみました。



08123812



一気に急坂を登りました。

「カラ迫岳山頂」です。



08124113



「ノリウツギ」の花が迎えてくれました。



ノリウツギ14



山頂は余り広くは有りませんが、360度の大パノラマです。

手前に「御前岳1209m」後方に福岡県の最高峰「釈迦岳1230m」が綺麗に見えました。



08124315



少し下った所の「熊渡山への縦走路」の指導票の傍で昼食を取り、山頂下を迂回して

下山開始です。

下山道分岐から「下山道」へ入り落ち葉で敷きつめられた道を、のんびりと下りました。



08124416 

出発点の「山口登山口」に着きました。




帰りに近くにある「不動の滝」へ連れていつて頂き



08125117



「納又の滝。滝の宮不動尊。」と云う所の滝まで「折角来たのだから」と

連れて行って頂き



08125318 





サイズ変更納又滝19 


大感激の山登りでした。

カラ迫岳は「山開き」の時何度か参加した事のある山でしたが、少人数でゆっくり

登って見ると意外に面白く、眺望も最高の山でした。


   

 

ブログランキングに参加しています。

毎日「1回1押し」お願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 中高年の登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング