FC2ブログ

大雪山(黒岳から旭岳)縦走のはずが・・

登頂時期   2010年07月中旬  

登頂場所   大雪山(黒岳から旭岳)縦走

         変更  黒岳から裾合平。姿見の池。へのトレッキング

登頂コース  層雲峡ロープウエイ→黒岳リフト→黒岳七合目→黒岳→黒岳石室

         →北鎮岳分岐→裾合平→姿見ノ池→旭岳ロープウエイ
   



九州に大雨を降らせた梅雨前線が北上している中出発したので、いやな予感が

ありましたが的中し1日目の宿泊地「層雲峡温泉」につくころには雨になり「層雲峡」

も車窓からの眺めで終わりました。



2日目晴れましたが「強風」と「2ツの大雪渓」があり参加者の人数が多いのと、足の

乱れで、旭岳への登山を断念、「黒岳。裾合平方面へのトレッキング」に変更になりま

した。



層雲峡ロープウエイに乗り



層雲峡ロープウエイ1 


五合目まで上がり


黒岳登山口2


その先の黒岳リフトで黒岳七合目に着きました。



五合目リフト3 


此処から登山開始です。

登山道は綺麗に整備されて居て歩きやすく、沢山の花バナの歓迎を受け

ました。

九合目辺りから



九合目4 


目の前に「マネキ岩」と言う岩峰が見えて来ました。


マネキ岩九合目から5


此こを過ぎたら程無く「黒岳山頂」に着きました。

「此処はアラスカの気候と同じで、皆さんはアラスカを歩いているのですよ」と、ガイド

さんの声が聞こえました。

山頂は風が強く、油断すると体が浮く状態になりました。



0723427 




黒岳山頂6 


急いで先へ進みます。

真下に「黒岳石室」が見えて来ました。



黒岳石室8

避難小屋でトイレもありました。

大休憩があり此処で「コース変更」が告げられました。

「北鎮岳分岐」から「大雪山裾合平」の方への「トレッキング」です。



0723549


沈んだ空気を一蹴させてくれた可愛い動物が目の前に現れました。

「キタキツネ」が道案内をするように、後ろを振り向きながら歩いて行きました。



キタキツネの道案内10


「お鉢平展望台」に着きました。

お鉢の広いこと、広いこと・・・・・



07236811 


ここから今登ってきた「黒岳」が綺麗に見えました。

真中の独特の形をしたのが「黒岳」です。


黒岳


相変わらず強い風の中を進みます。


1ツ目で最大の難所の「大雪渓」が見えて来ました。

その「左のズーッと先の一番奥に旭岳が見えていますよ」とガイドさんの声がします。




ズーット先に旭岳12 


それどころではありません、目の前に「ドーン」と立ちはだかっている「氷の壁状」の

「雪渓」を越さないと先へは進めません。

昨日の雨でよけい硬くなり、その上強風です。

ガイドさんが足元を固めてくれ、ヤツとの思いで 登りました。



雪渓を登ります13


「北鎮岳。中岳。間宮岳。」分岐まできました。



07238414 


北鎮岳です。



北鎮岳 


間宮岳です。


間宮岳


此処からは大雪山の裾野を歩くので風は当たりません。




下中岳温泉


木道ガ整備されてはいますが、



裾合平15


幾つもの「雪渓」を渡ってきました。

ずーつと先までこんな風景が続きます。




雪渓を歩く16


面白い雪渓を観ました。「鉄橋のようねー」と声がしていました。



雪渓の橋?18


「裾合平」を過ぎたころから「旭岳」が見えて来ました。

今までの山肌とは全然ちがう様子にチョツとびっくりしました。

裾野はお花畑でいくら歩いても、飽きません。

姿見平からの旭岳17


「姿見の池」に着きました。(噴気活動展望台)



噴気活動展望台19


此処には「大雪の鐘。追悼の詩」も有りました。




大雪の鐘・追悼の詩20


「逆さ旭岳」も綺麗に見えました。



逆さ旭岳21


「姿見駅」からロープウエイで




072312122 


「旭岳ロープウエイ発着場」へ下りました。




072312523


今日の登山は終わりました。

大雪山の広さに改めて感服し高山植物の美しさに大満足の山旅でした。

この次は「旭岳」往復に挑戦してみたいと思いました。


少し花の写真を撮っていますので、3日目のお花畑といつしょに次回だします。
 



 

ブログランキングに参加しています。

毎日「1回1押し」お願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



  

 




スポンサーサイト



テーマ : 中高年の登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング