FC2ブログ

北海道の山旅 (観光編)

観光時期    2009年06月中旬
観光
行程    福岡空港 →稚内空港 →宗谷岬 →稚内港
        鴛泊(おしどまり)港→
ペシ岬展望所 →旅館

 

 

 

長い間の夢だった利尻山と礼文島の礼文岳登山(3泊4日)に参加することができました。


初日は移動で半日を費やした為、駆け足での宗谷岬・稚内観光です。


まずは稚内空港から出発です。

062111.jpg 


お昼を宗谷岬の高台にあるレストランで食べる事になりました。
(ゲストハウスアルメリア)

更宗谷岬傍のレストラン2 


「利尻島・礼文島共に漁業が主な産業の為、魚料理メインだと思いますので、此処でお肉の食べ納めをしといて下さい」

との添乗員さんの案内に、一同大笑いでした。

 

私は言われたとおり、ブランド牛「宗谷牛」の「焼き肉定食」を食べました。
これはお肉が柔らかくて美味しかったです。


昼食後、真下に見えていた「日本最北端の岬・宗谷岬」へと下りました。

宗谷岬3 


目の前の海は「宗谷海峡」
その先には「サハリン(樺太)」があると思ったら、昔の歌で「思えば遠くへ来たもんだ」の一節が頭に浮かびました。

「本当に来れたんだ・・・!」と感激しました。


この一帯は宗谷岬平和公園になっており、多くの碑が建ち並んでいました。


そして目の前には「間宮林蔵」の像がありました。

間宮林蔵像4 


この像は「サハリン」の方を向いて建っているとのこと。


此処には「アルメリア」のピンクの花がいっぱい咲いていました。


宗谷岬を後にして「稚内港」へ向かう途中、「
JR日本最北端の駅」の標識と

日本最北端の駅5 


その駅舎も観光させてもらいました。

稚内駅6 


いよいよ「利尻島」へ向かいます。


稚内港から「鴛泊港」行きのフェリーに乗り込みました。

稚内から鴛泊へ7 


1時間40分の船旅です。
右も左も大きな旅行カバンやリュックを持っている人ばかりでした。


利尻島の「鴛泊港」に到着しました。

0621348 


「思っていたより静かな町だなぁ・・・」と感じました。


旅館に荷物を置き、明日の足慣らしも兼ねて港が一望出来る

「ペシ岬展望所」に登ることにしました。

0621409 


遠くには雲に隠れて山頂だけ顔を出している「利尻山」が見えています。

06213610 


真下には「ペシ岬灯台」が建っていました。

ペシ岬灯台11 


旅館の夕食は豪華な「魚づくし」に舌鼓を打った事は言うまでもありません。


旅館の窓越に「利尻山」が綺麗に見え始めました。

かのう亭前から12 


明日はこの「利尻山」にいよいよ挑戦です。

 

 

 
ブログランキングに参加しています。
毎日「1回1押し」お願いします。 
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほブログ村 

スポンサーサイト



テーマ : 中高年の登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング