FC2ブログ

双石山(九州百名山)

登頂時期   2015年10月25日 (日)晴れ  

登頂場所   双石山 509m (宮崎県)

コース    長田川温泉→小谷双石山登山口→第一展望台→針の耳神社→
         
       大岩展望台→第二展望台→山小屋→双石山山頂→姥ヶ嶽神社分岐

       →双石山九平登山口


長田温泉7:10出発    

小谷双石山登山口着7:35  ストレッチ後登山開始です。

初めての山でワクワクしています。7:50



dc1030081.jpg



樹林帯の中をゆっくりと登ります。

目の前にお堂が見えて来ました。第一展望台到着です。8:17

樹木が生い茂って眺望はありません。



dc1030112.jpg



大きな岩壁に突き当たり右側へ進みました。



dc1030153.jpg



樹林の間から巨岩が見えてます。8:42



dc1030164.jpg



急崖の巨岩は今まで見たことのない岩で、

ハチの巣のように穴が開いていました。

巨岩の下には「針の耳神社」の御室がありました。8:45



dc1030185.jpg 



大迫力の岩場です。砂岩層で表面が風化によりボロボロと欠落すること

に由来して「ぼろいしやま」と名がついたそうです。



dc1030196.jpg



岩と岩の間を登り切ったら、



dc1030207.jpg



今度は急降下です。切り立った断崖の岩の底に降りました。

右側へ進みました。8:57



dc1030228.jpg



左尾根コース(第二展望台)へ進みました。



dc1030259.jpg



梯子の先には



dc10302610.jpg



大岩があり、せっかくだからロープを伝い、大岩展望台へと登り、

眺望を楽しみました。(北側宮崎市街地が見えました。)9:20



dc10302811.jpg



大岩展望台を下り急坂を登ったら、



dc10302912.jpg



今度は鎖場、もう息つく暇がありません。9:35



 dc10303013.jpg



やっと第二展望台に着きました。9:40



dc10303114.jpg  



此処からは稜線歩きになり随分楽になりました。

山小屋に着きました。ベンチの所で休憩です。10:10


dc10303715.jpg




程なく双石山山頂に着きました。10:43



dc10303916.jpg



帰りの時間があるので、記念写真後すぐ九平登山口へと向かいました。

急坂の連続でした。

姥ヶ嶽神社・九平登山口分岐から11:45



dc10304517.jpg



姥ヶ嶽神社鳥居前の九平登山口へ着きました。11:50



dc10304618.jpg 



dc10304719.jpg 


小谷登山口に置いていた車を、車道を走って取りに行ってくださり、

長田川温泉に戻り、温泉と、お昼の弁当を頂き、帰路に着きました。

奇岩に度肝を抜かれ、岩場、鎖場の連続には参りましたが、

九州百名山を又一つクリアー出来た事。

大満足の山旅でした。



  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
スポンサーサイト



竜王山~矢岳(新九州百名山)

登頂時期   2014年09月23日 曇り  

登頂場所   竜王山1175m矢岳(やたけ)1131.6m(宮崎県)

コ ー ス   矢岳皇子原登山口→T字分岐(矢岳・高千穂河原)→ 南面分岐

         (竜王山・矢岳分岐)→竜王山山頂→分岐へ戻る→矢岳山頂
         
         皇子原(谷越えコース)→徒渉地点(谷底)→矢岳皇子原登山口 

矢岳(新九州百名山)の此の山を緩やかコースの南面から、竜王山を往復し、

矢岳山頂から、急坂を下る谷越えコース を縦走しました。 
 

皇子原公園を通り、矢岳皇子原登山口から登山開始です。9:40


0923011


緩やかな登りです。T字分岐(矢岳・高千穂河原)に来ました。10:30


0923032


今にも雨が降り出しそうな為、進む樹林帯は御覧の通り、

幻想的な風景が続きました。


0923043


T字路を過ぎた辺りで徒渉箇所がありました。

南面分岐(竜王山・矢岳)に着きました。竜王山へ向かいます。11:15


0923065


ススキ原の中をヤブコギ状態で進みました。


0923076


竜王山山頂に着きました。眺望はありません。11:35~12:00

此処で昼食を済ませました。


0923087


矢岳分岐へ戻り山頂を目指しました。12:20

道の両側に「ツクシミカエリソウ」(オオマルバノテンニンソウ)


0923108


「ツクシコウモリ」の群落が続きました。


09231110 



0923129


矢岳の山頂に着きました。12:35~12:45


09231511


小休止後皇子原谷越えコースへ下りました。


09231812


雨でなくて良かったと思う程急坂が谷底まで続きました。

真下に谷底(徒渉地点)が見えて来ました。


09232013


大岩がゴロゴロの谷底で小休止後、13:35~13:40

真向かいの赤いテープンの所から今度は急登りです。

一気に登りました。


09232114


矢岳・谷越えコースの分岐に着きました。14:00


09232315


朝通った道を矢岳皇子原登山口へ向かいました。15分ほどで

皇子原登山口に着きました。14:15


09232516 


天気はイマイチでしたが、ツクシミカエリソウやツクシコウモリ等の花に

出合え心は晴れ晴れとした山旅でした。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

二日目行縢山

登頂時期   2014年06月30日 曇り  

登頂場所   行縢山830m (宮崎県)

コ ー ス   宿舎出発→青少年自然の家(宮崎むかばき)駐車場→

         行縢山登山口→行縢神社鳥居前→たきみはし→行縢の 

                滝分岐→ 山の神峠→雌岳分岐→行縢山山頂→滝分岐→ 

                行縢の滝→滝分岐→たきみはし→青少年自然の家駐車場


二日目行縢山登山


ホタルの里の宿舎を8時に出発しました。

青少年自然の家むかばきの駐車場に着きました。8:50



0630451



体操をして出発です。9:00

行縢山登山口から



0630462



行縢神社鳥居前を通り、大きな杉が両側にある道を進みます。 



0630484 



最初の橋を渡り



0630495



水量が増している沢を1回目の徒渉



0630516



立派なつり橋の「たきみはし」へ来ました。9:35



0630528



左側に行縢山の雄岳、雌岳の間から落ちている、行縢の滝が見えました。

日本の滝百選に選ばれている滝です。

帰りに傍まで行けるのが楽しみです。



0630579



道は整備されていて歩きやすかったです。



06305910



左に滝の入り口がありますが、帰りに寄るので直進です。9:50



06306011



昨日の登りに比べれば、楽な登りです。



6306112 



06306313



山の神の祠を左に見て、 



06306414 


右に雌岳分岐の導標を見て、左雄岳へ進みました。



06306615



水量の多い渓流を用心して渡り(ここが一番の難所でした)

2回目徒渉


06306916



最後の水場へ着きました。
 
冷たく美味しかったそうです。



06307017



後少しです。

大きな岩が見えて来ました。真直ぐはいけません。



06307219



右へ迂回した先の、岩の上に行縢山の標柱はありました。11:20



06307320



雌岳の先に、昨日苦戦した可愛嶽が霞んで見えました。



06307621



此処で昼食になりました。(前回食べた所で食べました。)11:50 出発

帰りは行縢の滝へ寄り道です。入口から5分も立たずして13:03



06308222



物凄い水量の滝が現れました。滝壺まで行かれた方はびしょ濡れでした。

私は前回滝壺まで行っていたので、今回はかなり離れた所から、

写真をとりましたが、それでも水しぶきが飛んで来ました。

辛うじて滝頭がとれました。大感激でした。



06308724





06308423 


元の道に戻り「たきみはし」からもう一度滝を観て

巨木の杉の間を下りました。



06309025



行縢山登山口に着きました。14:00

「青少年自然の家むかばき」で入浴を済ませ、帰路につきました。



06309326



久留米を出発する時全員が、お天気の事を心配していましたが、

両日とも雨に降られる事なく、楽しい山旅が出来ました。
 
 
  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

一日目・可愛嶽二日目行縢山(九州百名山)

登頂時期   2014年06月29日 曇り晴れ  

登頂場所   可愛嶽(えのだけ)729m (宮崎県)

コ ー ス   西郷記念館駐車場→可愛嶽登山口→ザレの頭→

         南尾根ルート分岐→前屋敷→可愛嶽山頂→南尾根分岐→  
 
         烏帽子岳→可愛嶽登山口→西郷記念館→ホタルの宿泊

1日目可愛嶽2日目行縢山の、1泊2日の山旅に参加しました。

1日目可愛嶽

西郷記念館前の駐車場でバスを降り登山開始です10:35


0630011 


左回りで進みます。


0630042 


車道前の民家の横を通り


0630063


可愛嶽登山口へ入りました。


0630084


雑木林の中、かなり足元は荒れています。


0630125


とても「可愛・かわいい」なんて山ではありません。


0630146


南尾根ルート分岐へ来ました。帰りは烏帽子岳経由です。


0630177


巨岩が点在する前屋敷へきました。


0630188


幾つピークを越したか分かりません。とにかく急坂、急登りの連続でした。


0630219


両側の巨岩の間を越したら、


06302210


可愛嶽山頂でした。見晴しは良いのですが、この日は霞んでいました。14:18

途中行動食を食べていたので、遅い昼食でも、お腹が空いた感じはありません。


06302311


下山開始です。14:45


06302812


今来た道を南尾根ルート分岐迄戻り、烏帽子岳へ向かいました。


06302913


烏帽子岳山頂は、展望台すぐ傍の、登山道上にありました。15:47


06303014


朝寝窪(あさねくぼ)・・なんだ・・・?

面白い名前が幾つかありましたが・・・なんだ?でした。


06303316


的野大橋が見えてきました。


06303717


足元はツルツル滑ります。

やっと可愛嶽登山口(朝とは反対側)に着きました。17:35


06303918 


06304019 


西郷記念館も17:00で閉館していました。17:40着

約7時間の歩行でした。


06304220


今日の宿、ホタルの里へ向かいました。

温泉に入り、美味しい夕食に満足し、明日の行縢山登山の為

早めに床に着きました。
 

 
  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

親父山・黒岳・三尖縦走

登頂時期   2014年05月06日 晴れ  

登頂場所   親父山1644m~黒岳1578m~三尖1474m(宮崎県)

コ ー ス   四季見橋→親父山林道→親父山登山口→徒渉4回→

         黒岳・北谷登山口分岐→親父山山頂→黒岳分岐→黒岳山頂

         →三尖山頂→三尖登山口(四季見橋)


アケボノツツジ・石楠花・ミツバツツジの宝庫として知られている所で、

見ごろだろうと思い参加しました。


四季見橋の指導標から親父山林道を歩いて  9:25



0507011



親父山登山口入口の広場でストレッチをして登山開始です 10:00

足を滑らさない様に、目の前の谷を徒渉しました。



0507042



後に徒渉箇所が3箇所ありました。



0507073



徒渉した先にはアケボノツツジが待っていてくれました。



0507054



道の両側には、スズタケが背丈ほど伸びている所が多く、

此処の花達は高い所に咲いています。

シャクナゲやミツバツツジはまだ蕾でこれからでした。

道は木の根がはびこり、足をとられない様に注意をして登りました。

黒岳・北谷登山口の分岐から1分足らずで



0507095



親父山山頂に着きました。11:30~12:00



0507106



山頂からは北に祖母山・北東に障子岳・東に古祖母山

奥に傾山と宮崎県の主峰が並びます。

親父山山頂で昼食を済ませ、



0507127



西側に当たる黒岳へ進みました。



0507148



高い木立はまだ芽ぶきが無く冬枯れ状態でしたが、

足元のコバイケイソウの新芽の緑が目にまぶしかった。



0507139



黒岳の大岩の前に満開のアケボノツツジ群が、現れました。



05071510 


05071611 


が・・喜んでばかりはいられません。

ロープこそ在りましたが此の岩を登らないと、先には進めません。

必死によじ登りました。



05071712



登った岩峰の上はピンク一色の大群でした。



05071913

 

シャクナゲもチラホラ観えていましたが、蕾が多かったです。

まだまだ、これから楽しめます。



05072214



アケボノツツジのトンネルをくぐり、幾つかピークを越したら、



05072515



黒岳山頂に着きました。12:50

少し先に展望台があり、其処からの眺めは、山肌がピンクに染まり

とても美し光景でした。



05072616



急坂を下りました。

アセビの花も負けてはいません。沢山見かけました。



05072817


アケボノツツジは満開です。


05073318 



05073419 


此処で、満開のシャクナゲに出会えました。



05073520 



05073621 


登りあがったら三尖山頂でした。14:00

此処はスズタケが生い茂り展望はありません。



05073822



さぁ下りです。スズタケの道を、「竹の輪っか」に足をひっかけないように

注意をしながら下りました。


05074023 


ミツバツツジの花は蕾が多く此れからでした。



05073924



植林帯の急坂を黙々と下り



05074125



三尖登山口のある四季見橋へ着きました。15:00

反時計回りで一周した事になりました。



05074226



最高の登山日和に恵まれ、目的の花々にたくさん出会え

大満足の山行きでした。

久留米着18:30 でした。 

 
  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

テーマ : 中高年の登山
ジャンル : 趣味・実用

FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング