FC2ブログ

多良岳のオオキツネノカミソリ満開

登頂時期   2016年07月24日 (日)晴れ  

登頂場所   五家原岳山頂・中岳1000m・金泉寺小屋 (長崎県)

コ ー ス  五家原岳山頂下駐車場→中岳→水神池分岐→西野越・

       黒木方面に下り(オオキツネノカミソリ鑑賞)→

       金泉寺・金泉寺小屋→多良岳入口→役の行者→金仙寺参道・

       駐車場

五家原岳山頂迄バスで行き此処から金仙寺へ向かいました。9:50

dc0726011.jpg 


急坂、急騰の連続でした。



dc0726022.jpg



中岳へ着きました。10:55



 dc0726043.jpg



また急坂ですが、今回は左斜面にオオキツネノカミソリが見えだし

先が楽しみでした。



dc0726054.jpg



西野越えから黒木方面へ下りました。12:10~12:35



dc0726065.jpg



オオキツネノカミソリの群生地に着きました。



dc0726076.jpg 



dc0726078.jpg 




dc0726127.jpg



大満開、一番いい時に来たみたいです。

参加して良かったと思いました。

鑑賞を終え金仙寺に進み、超満員の広場の所で、

昼食を済ませました。12:45~13:20

日本一古い修験道場  810年頃の創建との事です。


dc0726189.jpg



多良岳登山口から13:23



dc07261910.jpg



石段の上にある、「役の行者座像」の或る所まで行きました。13:35


(左、中山キャンプ場への分岐でもあります)



dc07262011.jpg



 
役の行者とは

一本下駄をはいて全国を巡って庶民を救済した修験道の開祖だそうです。


dc07262112.jpg



此処から戻り、金仙寺参道を下りました。14:15



dc07262213.jpg



嬉野温泉で汗と疲れを取り帰路に着きました。

久しぶりに満開のオオキツネノカミソリを観れ、大満足でした。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
スポンサーサイト



五家原岳(多良山系)~金泉寺往復

登頂時期   2016年06月9日 (木)曇り  

登頂場所   五家原岳山頂・中岳1000m・金泉寺小屋 (長崎県)

コ ー ス  五家原岳山頂下駐車場→中岳→水神池分岐→西野越

       (黒木分岐)→金泉寺・金泉寺小屋→多良岳入口・

       下山口確認後往路を戻る

五家原岳山頂から多良岳登山の下見を兼ての山歩きです。

五家原岳山頂まではマイカーで行きました。此処は黒木登山口

への仏ノ辻・横峯越の分岐にもなります。9:35



dc0610011.jpg



テレビ塔が沢山建つ



dc0610022.jpg



五家原岳山頂から雨が降らない様にと祈りながらの、登山開始です。

中岳・金泉寺へ向かいました。10:00



dc0610033.jpg 


dc0610044.jpg



木段を下り、最初の難所・鎖場・壊れた木の梯子を大変な思いをして、

下りました。



dc0610255.jpg



登り上がって中岳山頂です。10:48



dc0610056.jpg



これから又ガレ場の急坂でした。

水神池分岐に来ました。11:20
(道標も無く解りにくいのですが、右側に細い道がありました。)



dc0610067.jpg



此処からは楽な道になり、程なく西野越・黒木分岐に着きました。11:52
(黒木方面には、オオキツネノカミソリの群落があります。)



dc0610088.jpg



幻想的な雰囲気の中、金泉寺へ向かいました。



dc0610099.jpg



金泉寺小屋横から、金泉寺に着きました。12:00



dc06101210.jpg



此処で昼食を済ませ  12:45

少し先の、多良岳の入口と、金泉寺登山口への下り口を確認後



dc06101311.jpg



今来た道を戻りました。13:00

五家原岳山頂に着きました。15:05



dc06102712.jpg



帰りに山茶花公園の方に向かい水神池の滝を見て



dc06102813.jpg



多良岳・金泉寺登山口を確認し帰路に着きました。



dc06103014.jpg



(此の道標の所が登山口です。)



dc06103115.jpg



登山道で観た花

ウリノキ(久し振りに観て大興奮、ラッキー)

ウリノキ

ツクシガシワ?(先端がツル状になっていました。)

ツクシガシワ

ツルアジサイ

ツルアジサイ

ナルコユリ

ナルコユリ

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ 

此処の往復はきつかった、でもマイカーの場合仕方がありません。

誘ってくださった方に感謝、感謝でした。
      


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

郡岳(九州百名山)・裏見の滝

登頂時期   2016年05月21日 (土)晴れ  

登頂場所   郡岳(こおりだけ)826m(長崎県)

コ ー ス  郡岳西登山口→坊岩→郡岳山頂→下山(南登山口へ)→

       坊岩分岐→郡岳南登山口・・・バス移動・裏見の滝散策


大村湾カントリークラブゴルフ場先にある西登山口から登山開始です。9:10



dc0521011.jpg



樹林帯の中を歩き鉄塔の或る広場で小休止。

又黙々と樹林帯の中を歩きました。

時々ひんやりとした風に「涼しいー」と声が出る。

蛙岩、だそうです。10:01



dc0521042.jpg



大きな岩が重なり突き出た所に出ました。坊岩です。10:10



dc0521053.jpg



断崖絶壁です。眺望は山頂より素晴らしいとガイドブックに載っていましたが

その通りでした。



dc0521064.jpg 


dc0521075.jpg



一気に登り上がった先が「郡岳山頂」でした。10:35

此の道標見覚えがある。(2012年3月にきています。)



dc0521107.jpg



タツナミソウがお出迎えでした。



タツナミソウ



此処で昼食を済ませ、下山は南登山口へくだります。11:10



dc0521118.jpg



樹林帯の中をのんびり下りました。

坊岩分岐を過ぎ 11:24



dc0521149.jpg



トイレの或る郡岳南登山口へ着きました。12:25



dc05211510.jpg



バス移動です。


裏見の滝の散策です。


駐車場から、植栽されたシャクナゲ園の石段を下りました。



dc05211611.jpg



途中アメリカシャクナゲと聞いたことがある、


「カルミア」の真っ赤な花に出逢い感激していたら、



カルミア・アメリカシャクナゲ12



左側の土手に「オオハンゲ」を見つけコレマタ大感激。



オオハンゲ13



目の前には、水量もちょうどいい感じの奇麗な滝がみえました。



dc05212614.jpg



滝つぼ迄下りました。



dc05212715.jpg



滝の傍には、不動妙王が祀られていました。

心が洗われる思いがしました。



dc05212916.jpg



滝の上を回れるみたいでしたが、今回は此処で引き返しました。

バスの中から撮った「郡岳」です。



dc05213117.jpg



平谷温泉で入浴です。



dc05213218.jpg 




入口のウツギ(ウノハナ)が迎えてくれました。


ウツギ(ウノハナ)19



汗を流し帰路に着きました。

のんびり、楽しい山旅でした。       


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

戸町岳。外海(そとめ)教会巡り

登頂時期   2015年12月19日 (土)晴れ  

登頂場所   戸町岳427m 長崎県

コース    出島道路→戸町岳登山口→尾根道→戸町岳山頂→往復・

       バス移動→黒崎教会→出津(しず)教会→大野教会→

       遠藤周作文学館→道の駅そとめ

長崎の教会群として世界遺産登録候補の中の3教会を巡るということで

山の会の「バス山行」に参加しました。

まず戸町岳に登ります。

尾根コースを歩きます。


dc1219075.jpg




車道を上がって民家の横の竹林の中を抜けます。

今年は暖かいので「竹の子」を狙ったイノシシが登山道のあちこちで

穴を掘り、小さい竹の子を食べ散らかしているのには驚きました。



dc1219011.jpg



二つくらいピークを越したら「戸町岳山頂」に着きました。



dc1219042.jpg



山頂からの眺め



dc1219035.jpg



帰りのピークからの戸町岳です。手前の紅葉が奇麗でした。



dc1219064.jpg



登山口まで降りバスに乗り教会巡りの為、外海地区へ向かいました。

黒崎教会=「母と暮らせば」のロケ地との事でした。

明治大正期に建築された教会堂最後のレンガ建築とのことです。

ステンドグラスがとても美しかったです。



dc1219096.jpg 


dc1219117.jpg



出津(しず)教会

地域産出の材料が用いられたとても質素な教会でした。



dc1219138.jpg 


dc1219149.jpg



大野教会

ド・ロ神父が26戸の信徒の為に建設。地元の玄武岩を用い民家建築の

技を用いた石造りの教会でした。



dc12191610.jpg 


dc12191511.jpg



ド・ロ神父=「外海の父」と呼ばれキリスト教だけでなく、教会建築の技法や

医学・農学・加工食品の開発などの知識を伝え、資材を投じ貧しい外海の人々の

心と生活面を支えた方との事でした。

遠藤周作文学館にも立ち寄りました。

其処からの「角刀灘」の眺めが又素晴らしかった。



dc12191912.jpg 



dc12192013.jpg



「道の駅そとめ」で買い物も出来。

身も心もホッコリ、心洗われた一日でした。



  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

観海アルプス周回・白嶽・蕗岳

登頂時期   2015年10月9日 (金)晴れ  

登頂場所   白嶽327.8m鋸岳347m蕗嶽320.1中岳334m  (長崎県)

コ ー ス   白嶽森林公園キャンプ場→白嶽山頂→不動の滝→矢岳神社
         
        →鋸岳・昼食→蕗嶽・湿原分岐→つわ嶽・次郎丸・太郎丸分岐→

        蕗嶽山頂→分岐に戻る→中岳→展望台→白嶽森林公園キャンプ場

久し振りに天草五橋を渡ることが出来ました。

白嶽(はくたけ)森林の森キャンプ場の駐車場到着です。 9:52

ストレッチ後出発です。10:05



サイズ変更dc1010011



立派なテントが何張りもありました。



サイズ変更dc1010022



牟田峠への分岐を通り過ぎ 10:10



サイズ変更dc1010033



あっという間に白嶽山頂です。 10:20

不知火海が真下に見え、素晴らしい眺めです。



サイズ変更dc1010054



山頂には立派な地図がありました。



サイズ変更dc1010085



不動の滝へ行きたいので、今回は矢岳神社方面の山道を下りました。
(山頂横の東屋左の木段からも不動の滝へは行くことが出来ます。)

山頂から少し下った所にドルメン分岐がありました。
(奇岩のコースで面白いそうです。今回はいけませんでした。) 10:43



サイズ変更dc1010096



矢岳神社前を通り 10:50



サイズ変更dc1010107



車道に突き当り車道を渡り左に上がった所に、不動の滝の入口はありました。
(入口の指導標はありません。) 10:56



サイズ変更dc1010138



少し下った所に可愛いい滝。「不動の滝」はありました。11:22



サイズ変更dc1010179



少し戻り左の鋸岳へ進みました。11:30



サイズ変更dc10101810



東屋のある「鋸岳」に着きました。 11:44



サイズ変更dc10101911



東屋で昼食を済ませました。 12:15


サイズ変更dc10102012 




鋸岳山頂からは次郎丸嶽・太郎丸嶽が綺麗に見えました。


蕗岳へ向かいました。



サイズ変更dc10102113



蕗岳(つわだけ)・白嶽・湿原分岐に来ました。12:36
(湿原には、天然記念物の「ヒモズル」があり、九州では、御所ヶ岳・馬ヶ岳と
此処の2箇所にしか自生していない所と聞いていましたが、確認できませんでした。)



サイズ変更dc10102414



つわ岳・牟田峠の分岐に来ました。12:52



サイズ変更dc10102515



此処には次郎丸嶽・太郎丸嶽への道もありました。



サイズ変更dc10102616



下り、登り返すと道標のポールのみ、の蕗岳山頂に着きました。13:03
(2013年11月9日に来た時もありませんでした。)



サイズ変更dc10102817



此処からも素晴らしい眺めです。不知火海綺麗でした。



サイズ変更dc10102918



蕗岳・白嶽・湿原分岐まで戻り、白嶽方面に進みました。13:25



サイズ変更dc10103420



大きな岩がある中岳 13:40



サイズ変更dc10103521



展望台に立ち寄り



サイズ変更dc10103822



白嶽森林公園の駐車場に着きました。13:55



サイズ変更dc10104023 



途中見かけた「ツワブキ」の花が綺麗でした。



サイズ変更ツワブキ



他に、ママコナ・ゴンズイの実が印象に残っています。

前回行けなかった所にも連れて行ってくださり、うれしかったです。




  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング