FC2ブログ

田原坂巡り

登頂時期  2016年12月3日 (土)快晴  

登頂場所  田原坂

コ ー ス   JR久留米駅→JR木葉(このは)駅→高月軍墓地→正念寺→

      豊岡眼鏡橋→田原坂→一の坂・二の坂・三の坂→田原熊野座神社→

                  田原坂・田原坂西南戦争資料館見学→七本柿木台場薩軍墓地→

      七本官軍墓地→JR田原坂駅→JR久留米駅

JRこのは駅から歩きました。

田原坂遺跡巡りの始まりです。



dc1203021.jpg



高月軍墓地に着きました。

政府軍の将校、兵士が祀られているそうです。



dc1203042.jpg



正念寺・日本赤十字社の前身博愛社跡

此処では和尚さんの話が聞けました。

山門の至る所に弾痕跡が残っていました。



dc1203073.jpg



豊岡眼鏡橋から国道を渡り



dc1203114.jpg



田原坂に入りました。標高差80mの坂道ですが、



dc1203145.jpg



坂は一の坂・二の坂・三の坂とあり両軍ともに戦略上

最重要地の為この一帯が激戦の舞台となった。



dc1203156.jpg



今両側は、竹林やミカン畑になり穏やかな山道になっていました。



dc1203177.jpg



田原熊野座神社に着きました。(宮山争奪戦の戦場跡)



dc1203188.jpg



戦場調査で多くの銃弾や薬莢、破片などが見つかったそうです。



dc1203199.jpg



田原坂公園に着きました。

17日間にわたる戦闘が繰り広げられた激戦地です。

今はつつじ・桜の名所になっています。

田原坂西南戦争資料館を見学しました。



dc12032016.jpg



少し下った所に両軍の慰霊碑があり、名前が刻まれていました。



dc12032617.jpg



七本柿木台場薩墓地

薩摩軍・熊本隊の兵士の墓



dc12033312.jpg



七木官軍墓地

政府軍の軍人・軍夫・警察官の墓



dc12034015.jpg



JR田原坂駅から列車で帰路に着きました。



dc12033814.jpg 





dc12034015.jpg



平和な世に生かされている事を改めて感謝した一日でした。

会員さんからの送られてきた短歌

※ 両軍の墓地を訪ねて目を閉じる烈士眠れる田原坂にて

※ 丘陵にみかん色づく田原坂硝煙にほふ墓地に涙す

                 合掌



ナンテン

満開の南天



  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
スポンサーサイト



小岱山

登頂時期   2016年5月04日 (水)晴れ  

登頂場所   丸山展望台391.9m・観音岳473m・筒ヶ岳501.4m・

       長助金毘羅488m (熊本県)

コ ー ス  丸山登山口→丸山展望台→観音岳→筒ヶ岳→長助金毘羅→

       筒ヶ岳・昼食→中央コース分岐(不動明王塚)→荒尾展望台→

       観音岳→唐渡岩コース→唐渡岩→林道小岱山線→丸山登山口

3月21日に一度歩いていましたが、仲間と再び歩きました。

丸山キャンプ場(小岱山ふるさと自然公園)ビジターセンター前から

登山開始です。8:20



dc0504011.jpg



丸山展望台近くには目的の「山つつじ」ではなく「キリシマツツジ?」

が沢山咲いていました。



dc0504022.jpg 


dc0504033.jpg



展望台の群落は終わっていて残念でした。8:59

観音岳からの眺望も、PM2.5の影響か雲仙岳も全然見えません。



dc0504065.jpg



七峰台でやっと「ヤマツツジ」に会えました。



dc0504096.jpg



筒ヶ岳山頂に着きました。10:25

長助金毘羅へ向かうため急坂を下りました。



dc0504117.jpg



四ツ原登山口の方向へ向かいました。



dc0504138.jpg



四ツ原分岐の先に岩があり、


dc0504159.jpg


長助金毘羅山頂でした。10:55



dc05041410.jpg



筒ヶ岳まで戻り昼食を済ませました。11:24~11:55

中央コース不動明王塚の分岐より岩場を登り上がりました。



dc05041611.jpg 




dc05041712.jpg 




荒尾展望台に寄り道し、観音岳へ戻りました。12:57

唐渡岩コースへ下りました。13:00



dc05041813.jpg



祠の横を通り過ぎ唐渡岩に着きました。13:10



dc05042014.jpg



唐渡岩からの誕生寺の塔も霞んでいます。



dc05041915.jpg



林道小岱山線までかなりの急坂を黙々と下りました。

野イチゴが沢山ありました。

ミカン畑の中を通り林道に出ました。13:50



dc05042116.jpg



丸山登山口の或るビジターセンターまで

林道をおしゃべりしながら歩きました。14:00

玉名温泉で汗を流し帰路に着きました。

 ※H28年熊本地震には私の参加している山の会からも

熊本県と大分県に会で集まった寄付金が送られました。

もちろん私も寄付をしました。

「頑張ってください。」

頑張ってらっしゃるのに頑張ってとは言いにくいのですが、

他に言葉が見つかりません。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

小岱山(丸山登山口~唐渡岩)

登頂時期   2016年3月21日 (月)晴れ  

登頂場所   小岱山(筒ヶ岳)501.4m   (熊本県)
 
コ ー ス  小岱山国民休養地・丸山登山口→丸山展望台→観音岳→

       人形岩分岐→七峰台→筒ヶ岳→中央コース→観音岳分岐→

       荒尾展望台→観音岳→唐渡岩コース→車道(小岱山林道)→

       丸山登山口(キャンプ場あり)

小岱山国民休養地の駐車場に車を置き、ビジターセンター横の登山口を

登ります。(此処で小岱山の地図がもらえます。)10:15



dc0321011.jpg



筒ヶ岳へのコースは3コースあり一番外側から登りました。

急騰が続きました。



dc0321032.jpg



三つ葉つつじの宝庫の丸山展望所に着きました。10:50



dc0321053.jpg



此処からはゆっくり歩けます。ウサギ岩の横を通り、

ヤブツバキのトンネルを抜けたら、観音岳の広場に着きました。11:30

南側に有明海の先に雲仙岳がポッカリと浮いていました。



dc0321084.jpg



先に進みます。人形岩分岐を通り過ぎ、



dc0321105.jpg



大きな岩がある七峰台に着きました。展望も素晴らしい!!11:45



dc0321116.jpg



筒ヶ岳へ向かう木段の急坂を下りました。

登り返したら、筒ヶ岳巨石の前に出ました。



dc0321127.jpg



筒ヶ岳山頂に着きました。12:10

雲仙岳を見ながら昼食を済ませ、目の前の中央コースへ下りました。12:50



dc0321138.jpg



不動明王の像がある所から 13:10



dc03211610.jpg



観音岳への縦走路に登り上がります。



dc03211711.jpg



岩ゴロゴロでかなりの急坂でした。(此処は初めて通りました。)



dc03211812.jpg



此処の指導標が解りづらかった。コンパスで方向を確認しました。
(今登って来た道は府本登山口からの道との事でした。)



dc03211913.jpg



観音岳の手前にある荒尾展望台に寄り道をして13:30



dc03212014.jpg



観音岳に戻りました。14:00



dc03212216.jpg



広場南側から唐渡岩コースへ下りました。



dc03212317.jpg



祠の横を通り過ぎ展望が開けたところに、唐渡岩がありました。14:10

しばらく、此処からの大展望を楽しみました。



dc03212518.jpg



急坂を下りました。

両側にミカン畑が出てきたらすぐ、小岱山林道に出ました。14:38

振り返ると3つの峰の左に人形岩。真ん中に唐渡岩が見えました。



dc03212819.jpg



小岱山林道を休養地まで歩きました。14:50



dc03212920.jpg



桜の開花には少し早かったですが、大勢の登山者に会いました。



  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

新年登山・八ツの神様巡り

登頂時期   2016年01月10日 (日)晴れ  

登頂場所   熊本県和水町 

コ ー ス  三加和温泉前→目の神様→いぼの神様→胃の神様→

       性・腰の神様→歯の神様→命の神様田中城跡→耳の神様→

       手足の神様→三加和温泉→立花ワイン工場→八女伝統工芸館


山の会の今年の初登山・大型バスでの初詣・熊本県和水町にある

「八ツの神様巡り」に参加しました。

エリアマップが三加和温泉ふるさと交流館にあります。

一つ一つが離れていてほとんど車道を歩きました。

1)目の神様


dc0110031.jpg


2)いぼの神様


dc0110053.jpg 

dc0110042.jpg



3)胃の神様


dc0110074.jpg 


dc0110095.jpg


4)性・腰の神様


dc0110116.jpg 


dc0110127.jpg


dc0110138.jpg


5)歯の神様

歯がうずく時白砂又は米をお供えして参拝すると、歯の痛みを

鎮めてくれるという。日本でも珍しい神様。


dc0110159.jpg


6)命の神様(命助けの神)

生死にかかわる病気の時、一生に一度だけ平癒願えば、

必ず叶えられると言われている

dc011016.jpg



7)耳の神様

田中城跡から少し先でしたが時間の関係で省略されました。

8)手足の神様



dc01101710.jpg


バス移動で三加和温泉で温泉・昼食を済ませ

立花ワイン工場でモニター説明を受け試飲をしました。


dc01102011.jpg


その後八女伝統工芸館に立ち寄り


dc01102213.jpg


日本一の仏壇や


dc01102112.jpg 


玄関先の灯篭などの見学


dc01102314.jpg


最後に買い物を済ませ帰路に着きました。

のんびり楽しい一日でした。




  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

高千穂野(たかじょうや)南阿蘇外輪山

登頂時期   2015年9月28日 (月)晴れ  

登頂場所   高千穂野(たかじょうや)1101m  (熊本県南阿蘇)

コ ー ス   清水峠登山口→鉄塔→牛止→木段→高千穂野山頂→展望所

         →高千穂野(昼食)→往路を戻る

久し振りの阿蘇です。秋の花が楽しみでした。

此のコースは南阿蘇外輪山の縦走路です。

清水寺から上がった所に清水峠はあります。9:50



0928011.jpg 


0928022.jpg



鉄塔のある登山口まで登りました。10:20


0928053.jpg




右側が開け阿蘇五岳や南郷谷の田畑が綺麗に見えました。

(帰りに撮った写真です。)

09282510.jpg



又此の斜面には秋の野草が沢山咲いていました。

「帰りに此処で休みますので、先へ進みます。」とリーダの声がしました。

樹林帯の中(まだ紅葉には早かった)黙々と歩きます
 
「すずたけ」が多くなった辺りから木段が現れました。

此のコースは此れがメインです。2~3回は10段くらいでしたが、



0928105.jpg



さぁ来ました。280段の木段です。登ります。11:20



0928126.jpg



後ろを振り向いたら、こんな様子です。ひたすら登ります。



0928137.jpg



登り上がって少し歩いた先に「高千穂野山頂」の道標はありました。11:30



0928158.jpg



展望がないので、展望所まで進むことになりましたが、此処も登山道に道標が

あるだけで、座れないので、高千穂野の山頂まで戻り昼食を済ませました。12:00

下山開始です。12:30

木段を下ります。木段の間が狭いので皆悪戦苦闘です。

雨の日は木段の木で滑ると思いました。



0928199.jpg



無事鉄塔手前の眺望の良いところまで来ました。

野草の観賞会が始まりました。

ノコンギク?ヨメナ?



ノコンギク



ゲンノショウコ



ゲンノショウコ



ヤマジノホトトギス



ヤマジノホトトギス



シャジン



シャジン



カノコソウ(ハルオミナエシ)



カノコソウ(ハルオミナエシ)



マムシグサの実



マムシグサの実



ユキザサの実



ユキザサ



など沢山あり楽しいひと時でした。

下山後「四季の森温泉」の湯に、これまたゆっくり浸かり帰路に着きました。

マイカー登山でしたので往復になりましたが、部分的には歩いていますが、

縦走をしてみたいと思いました。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング