スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮地嶽神社~在自(あらじ)山縦走

登頂時期   2017年2月19日 (日)晴れ  

登頂場所  宮地山180.7m・在自(あらじ)山249m  

コース   JR久留米駅→JR福間駅→宮地嶽神社→奥宮八社→宮地山山頂

      見晴らしの良い所で昼食→在自山山頂→在自山(天蓋山)神社→

      金毘羅神社→車道歩き→宮地団地前バス停→JR福間駅→JR久留米駅


この日から1週間、宮地嶽神社階段から福間の海岸まで「光の道」が出来るという

日なので多いだろうと話していましたが、宮地嶽神社前にはまだ10時というのに

大勢の人が集まり各TV局の方も撮影場所確保に大忙しでした。


福間駅から歩きました。


dc0219041.jpg


宮地嶽神社へ進みました。「光の道」の幟もあちこちに立っていました。

参道には「松ヶ枝もち」というヨモギ餅が売られていました。


dc0219062.jpg


宮地嶽神社の階段を上りました。

最上段から振り向いたこの道こそが今日の夕方「光の道」になる所です。

こうして見てるだけでも、海岸まで一直線でした。


dc0219073.jpg


先へ進みます。真正面の山が。これから行く「宮地山」です。


dc0219094.jpg


案内板の通りに進みます。


dc0219105.jpg


宮地嶽神社の日本一の「大しめ縄」を見、参拝後、神社右側へ進みました。


dc0219136.jpg


「奥の宮八社巡り」から登山道へ進みました。


dc0219158.jpg


緩やかな坂道をゆっくり登ります。


dc0219169.jpg


宮地山山頂には。木にしめ縄が張られて「神木かな?」でした。

眺望はありません。


dc02191710.jpg


いつ単下り登り返した所左側に福津湾?の海岸線が現れました。

此処で昼食となりました。


dc02191911.jpg


又樹林帯の中です。「在自山山頂」に着きました。眺望はありません。


dc02192012.jpg


少し下った所に「在自山(天蓋山)神社がありました。


dc02192213.jpg


此処からはずーっと急下りです。

金毘羅神社に到着です。


dc02192514.jpg


車道を20分程歩き「宮地団地」からバスに乗り帰路に着きました。


dc02192615.jpg


お天気に恵まれ「光の道」は時間的に無理でしたが、福津湾?

の海岸線や、光の道が出来る参道などが見れ、楽しい山歩きが、

出来ました。       


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
スポンサーサイト

明星山沢コース~白金山往復

登頂時期  2017年2月16日 (木)晴れ  

登頂場所  明星山362.5m・白金山357m

コ ー ス   竹の子バス停→明星山・沢・尾根・中道コース登山口→

      尾根コース→中道コース→明星山山頂→白金山へ向かう→

                 白金山入口→白金山山頂→一の瀬分岐を下り→明星山→

      沢コースを下る。→登山口→竹の子バス停


山の先輩と2人で明星山迄歩こうと出かけました。

所が1時間ちょつとで山頂に着いた為、


白金山まで足を延ばすことになりました。


竹の子バス停から車道を歩くこと10分で

明星山・沢・尾根・中道コース登山口に着きました。10:20



dc0217011.jpg



少し進み左側ロープの或る所から、尾根コースへ上がりました。

此処のコースは急坂の連続ですが、地元の方が登山道を

整備して下さっているので、とても歩きやすくなっています。



dc0217022.jpg



明星山山頂に着きました。   11:40



dc0217054.jpg



予定変更です。白金山まで行くことになりました。



dc0217065.jpg



白金山への登山道も奇麗に整備されていますが、6個のピークの内

2か所が急坂です。雨の日などは要注意です。

一の瀬分岐に来ました。(近道になり途中で元の道と合流します。)12:40

白金山入口・最後の登りです。


dc0217097.jpg 





dc0217108.jpg




白金山山頂到着です。13:03



dc0217119.jpg



山頂に着いて驚きました。地主さんの許可を得て、


地元の方とそのお友達が,

山頂辺りから登山道の整備をなさっていました。

この日は指導標。花の名前札作りをなさっていました。



dc02171210.jpg 





dc02171311.jpg



此処で昼食を済ませ「ありがとうございます。」

とお礼を言い山頂を後にしました。14:00

一の瀬分岐の近道を下り、



dc0217086.jpg



白金山登山道に合流し、明星山山頂から、沢コースを下りました。


沢コース出口に来ました。15:18




dc02171612.jpg



明星山登山口に着きました。 15:35

竹の子バス停まで車道を歩き15:50のバスに乗れました。



病み上がりなので、まさか白金山まで行くとは思ってなかったので、

「行こうダメだったら引き返すから」と言ってくださった、

先輩に感謝、それと地元の有志の方が整備して下さっているから

登山道もしっかりし、指導標もあり気持ち良く歩けることも、

忘れてはいけない事だと思いました。W感謝の一日でした。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

高良山散策

登頂時期   2017年2月7日 (土)晴れ  

登頂場所  鳳山276m・高良山312m  

コース   御井バス停→一の鳥居→二の鳥居→正面登山道→もみじ谷

      モウソウキンメイ竹群→高良大社本堂前階段→神籠石→

      尾根コース→鳳山山頂→車道→奥の院入口→奥の院→

      高良山山頂への木段→高良山山頂→飛雲台→尾根コース→

      正面登山道を下る。

体調不良の為山歩きを自粛していましたが、リハビリを兼て歩こうと思い立ち、

一人でゆっくり歩きました。

御井バス停から一の鳥居をくぐり石畳の道へ進みました。


dc0208061.jpg


二の鳥居前から、正面登山道の長い階段をあがります。

途中アジサイ園やもみじ谷の前を通過しながら黙々と登りました。


dc0208072.jpg


天然記念物の「モウソウキンメイ竹」群の前で大きく深呼吸をし、

竹の元気の「き」を貰いました。


dc0208103.jpg


高良大社本堂前の130段の階段を休むことなく

(ゆっくりではありましたが)上がれた時は、これは「行ける」

と、思い嬉しかったです。

本堂は今平成の大改築中です。 参拝後。


dc0208134.jpg


左側へ進み「神籠石群」の横の木段から

尾根コースへ進みました。


dc0208145.jpg


鳳山山頂に着きました。夏椿と思っていた花木に「イジュ」と

名札が付いていました。調べたら夏椿の葉の方が小さく厚い様でした。

20mくらいの大木になり5月~6月に白い花を咲かせます。

毎年楽しみに登って来てた事を思い出しました。

此処のシンボルツリーになる様に、大切に育てて頂きたいと思いました。


dc0208156.jpg


尾根を過ぎ車道から、奥の院入口の急坂を下り、


dc0208197.jpg


奥の院に参拝後、


dc0208208.jpg


右登山道に入り、高良山山頂の木段に取りつきました。

数を数えていましたが途中で分からなくなりながら、


dc0208219.jpg


高良山山頂に到着です。眺望はありません。


dc02082410.jpg


真下の「森林公園・つつじ公園」からの眺望は別嬪です。


dc02082711.jpg


今日は公園には行かず左へ進みましたが、その足元に今日の最高の

ご褒美が待つていました。山茶花の花びらの絨毯です。

「ありがとう」思わず声に出しました。踏まないようにすり抜け、


dc02082812.jpg


飛雲台で、夏目漱石句碑を読み「菜の花の遥かに黄なり筑後川」

左車道へ降り


dc02082913.jpg


尾根コースへ進みました。


dc02083014.jpg


正面登山道をゆっくり下り御井バス停に着きました。

2時間30分歩きました。

病み上がりでしたので、ゆっくり歩きましたが、

歩けたことに感謝した一日でした。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

田原坂巡り

登頂時期  2016年12月3日 (土)快晴  

登頂場所  田原坂

コ ー ス   JR久留米駅→JR木葉(このは)駅→高月軍墓地→正念寺→

      豊岡眼鏡橋→田原坂→一の坂・二の坂・三の坂→田原熊野座神社→

                  田原坂・田原坂西南戦争資料館見学→七本柿木台場薩軍墓地→

      七本官軍墓地→JR田原坂駅→JR久留米駅

JRこのは駅から歩きました。

田原坂遺跡巡りの始まりです。



dc1203021.jpg



高月軍墓地に着きました。

政府軍の将校、兵士が祀られているそうです。



dc1203042.jpg



正念寺・日本赤十字社の前身博愛社跡

此処では和尚さんの話が聞けました。

山門の至る所に弾痕跡が残っていました。



dc1203073.jpg



豊岡眼鏡橋から国道を渡り



dc1203114.jpg



田原坂に入りました。標高差80mの坂道ですが、



dc1203145.jpg



坂は一の坂・二の坂・三の坂とあり両軍ともに戦略上

最重要地の為この一帯が激戦の舞台となった。



dc1203156.jpg



今両側は、竹林やミカン畑になり穏やかな山道になっていました。



dc1203177.jpg



田原熊野座神社に着きました。(宮山争奪戦の戦場跡)



dc1203188.jpg



戦場調査で多くの銃弾や薬莢、破片などが見つかったそうです。



dc1203199.jpg



田原坂公園に着きました。

17日間にわたる戦闘が繰り広げられた激戦地です。

今はつつじ・桜の名所になっています。

田原坂西南戦争資料館を見学しました。



dc12032016.jpg



少し下った所に両軍の慰霊碑があり、名前が刻まれていました。



dc12032617.jpg



七本柿木台場薩墓地

薩摩軍・熊本隊の兵士の墓



dc12033312.jpg



七木官軍墓地

政府軍の軍人・軍夫・警察官の墓



dc12034015.jpg



JR田原坂駅から列車で帰路に着きました。



dc12033814.jpg 





dc12034015.jpg



平和な世に生かされている事を改めて感謝した一日でした。

会員さんからの送られてきた短歌

※ 両軍の墓地を訪ねて目を閉じる烈士眠れる田原坂にて

※ 丘陵にみかん色づく田原坂硝煙にほふ墓地に涙す

                 合掌



ナンテン

満開の南天



  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

古処山~八丁越え縦走

登頂時期  2016年11月23日(水)曇り小雨  

登頂場所  古処山859.5m

コ ー ス   古処山登山口入口→キャンプ場跡駐車場→登山口→5合目

     (林道終点・中腹駐車場)→水船→古処山山頂・昼食→下山

      八丁越えコース車道出逢い→車道歩き→秋月街道案内板

      右へ入る→国道出逢い→だんご庵コース→だんご庵→キャンプ場跡P


古処山登山口入口から入り、キャンプ場跡の駐車場に車を止め、

野鳥川に沿って九州自然歩道を進みます。8:40


dc1123171.jpg


先日からの雨で水量が増していました。


dc1123022.jpg


5合目近くになる頃は、昔の道が谷、谷が道になり岩はゴロゴロです。

谷は谷で右、左と頻繁に渉渡しなければ行けなくなっていました。


dc1123043.jpg


5合目・林道終点の中腹駐車場には、

紅葉狩りの方達の車が沢山止まっていました。9:40


dc1123064.jpg


又岩ゴロゴロの急坂が待っていました。

やっと水舟まできました。ホッと一息です。10:30

左側直登コースへ進みました。


dc1123075.jpg


古処山山頂に着きました。此処で昼食になりました。10:55

雨模様の天気でしたので、眺望はありませんでした。


dc1123096.jpg


下山開始です。八丁越しコースを下ります。11:25

この道は岩こそありませんが、滑りやすい急坂の連続ですが、

この時期は落ち葉の絨毯、春先からはやぶ椿の花びらの絨毯の所です。


dc1123117.jpg


車道出逢いに出ました。古処山八丁越登山口でもあります。12:35


dc1123128.jpg


車道を少し下り、秋月街道の案内板から右に入り


dc1123139.jpg


樹林帯のなか秋月街道を歩きました。


この道は石畳の上急坂で、コケが生えているので、

かなり緊張して下りました。



dc11231410.jpg


又車道に出、真向かいに小さい指導標の或る、

だんご庵コースへ進みました。13:19


dc11231511.jpg 


滝の音がし、頭上に紅葉が目立ち始めて来ました。

だんご庵到着です。13:30

夏場だけが、にぎわうと思っていたら、大勢の紅葉狩りの方々に

出合いました。


dc11231612.jpg


此処からはキャンプ場跡の駐車場まで歩きました。13:40

秋月城跡辺りは紅葉狩りのお客さんで、車も人も満杯の状態でした。

久し振りの山行で疲れましたが、温泉で汗と疲れを流し帰路に着く

事が出来ました。


  ブログランキングに参加しています。
           よろしくおねがいします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
FC2
プロフィール

山野の花

Author:山野の花
2002年3月福岡県久留米市を拠点に
 55歳にして山に登りはじめました。

登った山の個人的な印象や独り言を綴り
たいと思っています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。